HOME>オススメ情報>声優になりたい人は、専門学校で学ぶのが良いでしょう

声優になるために必要なスキルとは

声優になるためには声により演技力や表現力が優れている必要があるだけでなく、国語力や協調性なども必要になります。

声優になるために専門学校で学べること

滑舌よく話せるようになる

声優は聞き取りやすい声が絶対のため、滑舌は大切です。

腹式呼吸や腹式発声ができるようになる

複式呼吸にて声をだすことにより、強い声がだせるようになります。

演技力や表現力が身に付く

声で演技をするのが声優のため、演技力や表現力は大切です。

正しいイントネーションで話せるようになる

正しい日本語の発音にて話すスキルが必要なため。

文章を読み取る力や想像力が身に付く

声優は台本から人物の心情をわかる必要があるため、読み取る力や想像力が必要です。

基礎トレーニングのやり方が学べる

男性

声優になろうとすると芝居ができることに重きが置かれがちですが、発声や滑舌など基礎トレーニングも重要となります。基礎トレーニングはネットや本でも学ぶことができますが、やはり先生に直接習う方が効果的です。長く続けていくものだけにきちんとしたやり方を身に着けましょう。専門学校では途中で担当の講師が代わることも多いです。別のトレーニング方法を習ったら自分に合う方を採用して、自分なりの基礎トレーニング方法を確立していきましょう。

在学中からデビューのチャンスがある

女性

多くの専門学校は卒業時に声優事務所に所属することを目指しますが、それ以前にアニメやゲームに出演するチャンスがもらえることもありです。オーディションに受かれば卒業前に一足先にプロの現場に足を踏み入れることも多いです。多くの人数を必要とするガヤの収録や映像作品へエキストラ出演などもあり、学校によって案件は様々です。出演実績があると卒業時の進路決定に有利に働くこともあるので、大きな役でなくても現場とのご縁がいただけるのは貴重な機会となります。自分の出演した作品があることが大きな自信にもつながります。日々の努力を怠らず、才能が認められれば、卒業前でも声優デビューの可能性があるのが、専門学校の強みの一つでもあります。